都産技研公式note

都産技研(東京都立産業技術研究センター)は、中小企業を技術支援と研究開発で支える、中小…

都産技研公式note

都産技研(東京都立産業技術研究センター)は、中小企業を技術支援と研究開発で支える、中小企業の味方です。多くの方に知っていただくため、2023年8月に「都産技研公式note」をスタートしました。今年度、職員や設備の魅力をたくさん発信していきます。

マガジン

  • 都産技研で○○してみた

    都産技研の設備を使って実験し、技術を体験する企画です。広報担当が臨場感交えてお届けしています!

  • 私の“推しマシーン”

    都産技研が保有する高価なものや日本でここにしかない機器の魅力をお伝えするコーナーです。

  • 潜入!都産技研

    都産技研ではどんな人がどんな研究を行っているのか、実際に広報担当が取材しています。

リンク

都産技研で○○してみた

都産技研の設備を使って実験し、技術を体験する企画です。広報担当が臨場感交えてお届けしています!

くわしく見る
  • 2本

スマホの充電ができない!?USBケーブルの断線が原因?~都産技研で調べてみた~

こんにちは、都産技研広報担当です。 都産技研の設備を使って実験し、技術を体験する企画。広報担当が臨場感交えてお伝えする「都産技研で〇〇してみた」のコーナーです。 スマホやタブレットを長時間持ち歩くことが多い今、外で充電残量がピンチ!になると焦りますよね。そんな時の必携アイテムとして便利なのがコンセントのないところで充電ができる充電バッテリー。そして、セットで必要なのが端末接続用のUSBケーブルです。 今回、デスクの奥から発掘されたUSBケーブルで充電しようと思ったら、うん

スキ
44

都産技研でASMRを体験してみたら臨場感がすごかった

 こんにちは。都産技研の広報担当です。いま、座っている耳元でシャカシャカと音を鳴らされています。 実はこれ、都産技研の設備で「ASMR」を収録しているんです。 サクサクしたものを食べる音や、耳かきの音など、臨場感ある音のゾクゾクする感じを楽しむASMR。YouTubeでも人気ですよね。 都産技研には「音のスペシャリスト」がいますし、音が響かない無響室などの設備もあります。最高の技術と最高の設備でASMRを収録したら、どうなるんでしょう……? 都産技研で音を扱う光

スキ
17

私の“推しマシーン”

都産技研が保有する高価なものや日本でここにしかない機器の魅力をお伝えするコーナーです。

くわしく見る
  • 3本

壊さずに中を見る!X線非破壊検査~私の“推し”マシーン~

こんにちは、都産技研広報担当です。 突然ですが問題です。こちらの画像は何を撮影したものでしょうか? なにか黒いものが渦を巻いています。そして、その先端が右下から飛び出しているような……? はたして正解は……! 先ほどの写真は、対象物を壊さずに内部の構造を分析する「X線非破壊検査」によって撮影されたもの。いったいどんな装置によって撮影されたのでしょうか? 今回の「私の“推し”マシーン」は、X線非破壊検査に密着。計測分析技術グループ主任研究員の河原大吾さんと、副主

スキ
12

謎の真っ白い部屋の正体は!? 「10 m法電波暗室」に迫る~私の推しマシーン~

都産技研が保有する機器や設備には、高価なものや日本でここにしかないものも。そんな“レアもの“の魅力をお伝えする、「私の推しマシーン」のコーナーです。 今回のテーマは電子技術グループの「10 m法電波暗室」。 いったいどんな設備なのでしょう? 東京都昭島市にある多摩テクノプラザを訪ねました。 小学校のプールぐらい広い「電波暗室」とは? 今回、10 m法電波暗室を推してくれたのは、電子技術グループの須藤翼さん。さっそくお話をうかがいます。そもそも電波暗室とは、なんですか?

スキ
13

最大300トンのパワー!都産技研の力持ち「万能試験機」に迫る~私の“推しマシーン”~

都産技研が保有する機器には、高価なものや日本でここにしかないものも。そんなレアな機器の魅力をお伝えするコーナーが「私の“推しマシーン”」です。 記念すべき第1回は、実証試験グループの「万能試験機」です。いったいどんな機器で、何が万能なのか? 都産技研マスコットキャラクターの「チリン(R)」と一緒に、さっそく実験室を訪ねました。 20トンの力で金属製のボルトを引っ張ると……? 場所は都産技研1階にある「製品強度実験室」。実証試験技術グループの小船諭史さんに、さっそく

スキ
28

潜入!都産技研

都産技研ではどんな人がどんな研究を行っているのか、実際に広報担当が取材しています。

くわしく見る
  • 5本

企業が排出する温室効果ガス、どうやって測るの?~潜入!都産技研~

都産技研ではどんな人がどんな研究をしているのか、実際に広報担当が潜入して確かめる「潜入!都産技研」。今回のテーマは「温室効果ガスの測り方」です。 今年の冬は記録的な暖冬だったそうで、スキー場の雪が足りなかったり、雪まつりの雪像が溶けてしまったり、といったニュースも目にしました。そういえば、去年の夏もずっと暑かった気がします。これが地球温暖化なのでしょうか……。 そう感じるのは気のせいではなく、世界的に気候変動の影響が広がっているのです。そのひとつが、大気中に放出される「温

スキ
14

あなたの知らない!?「繊維」の世界〜潜入!都産技研〜

都産技研ではどんな人がどんな研究をしているのか、実際に広報担当が潜入して確かめる「潜入!都産技研」。今回のテーマは「繊維」です。 季節はすっかり冬になり、ニットなどの冬物を引っ張り出した方も多いでしょう。でも久しぶりに出した服をよく見ると、身に覚えのないシミや穴開きに気付くことも。いったいどうしてこんなことに……? そこで今回は、繊維製品を専門に扱う複合素材技術グループに潜入。シミや穴開きの原因はなんなのか、繊維製品の品質はどうやって確かめるのか、意外と知らない「繊維の

スキ
13

あなたの知らない!?「練り製品 」の世界 ~潜入!都産技研~

都産技研ではどんな人がどんな研究をしているのか、実際に広報担当が潜入して確かめる「潜入!都産技研」。今回のテーマは「練り製品」です。 かまぼこ、ちくわ、はんぺん、揚げかまぼこなど……スーパーには、さまざまな練り製品が並んでいます。でもそういえば、かまぼこはどんな魚からつくられるんでしょう。かまぼこになりやすい魚と、なりにくい魚には、どんな違いが……? そこで、都産技研で食品分野を扱う食品技術センターに潜入。意外と知らない「練り製品の世界」について聞いてきました。 マ

スキ
36

サラサラ髪の秘訣は洗髪後の乾燥方法にあり!?~潜入!都産技研~

こんにちは。都産技研広報担当です。 都産技研ではどんな人がどんな研究をしているのか、実際に広報担当が潜入して確かめる「潜入!都産技研」。今回のテーマは「ヘルスケア」。化粧品などのヘルスケア製品の開発をサポートするSUSCARE®(サスケア)に広報担当が潜入しましたので、その様子をマスコットキャラクターの「チリン®」と一緒にレポートしていきます! ヘルスケア産業支援室 SUSCARE®(サスケア)に、いざ潜入! 都産技研が2020年に新設したヘルスケア産業支援室 S

スキ
18